カテゴリー
IT・Google 起業・新規ビジネス

重要!税金有利不利判定

税金の有利・不利判定について解説!

税金の計算には、制度をうまく利活用することにより、納税が有利になったり、不利になったりすることがあります。

 

コンテンツ

納税の有利・不利判定とは

税制にも、税務処理や申告にあたって、複数の選択肢があります。

複数の選択肢の中で、最善の選択をすることになり、適切な税金対策を行うことができます。

事前に届け出を行うものが多いため、顧問税理士とコミュニケーションを行い、事前に準備を行う必要があります。

有利・不利判定一覧

消費税編

本則課税と簡易課税の選択

個別対応方式と一括比例配分方式

会社設立時の資本金の設定

会社設立時の給与額の設定

多額の固定資産取得や課税仕入による課税事業者の届出

法人税編

グループ通算制度の適用・非適用

100%子会社化

役員報酬の決定と法人税の納税の検討

決算賞与の支給

資本金の増資・減資など資本金額の設定

所得額の事前確認による納税シミュレーション

固定資産や消耗備品購入のタイミングの選択

カテゴリー
IT・Google

税金の種類

税金の種類
コンテンツ

法人にかかる税金(基本)

法人税等
・法人税
・地方法人税
住民税
・都道府県民税
・市町村民税
事業税等
・事業税
・地方法人特別税
・特別法人事業税
・外形標準課税
消費税等
・消費税
・地方消費税

個人事業主にかかる税金(基本)

所得税等
・所得税
・復興特別所得税
住民税
・都道府県民税
・市町村民税
事業税等
・事業税
消費税等
・消費税
・地方消費税

個人にかかる税金

所得税等
・所得税
・復興特別所得税
住民税
・都道府県民税
・市町村民税
国民健康保険税

社会保険料

法人
・厚生年金保険料
・健康保険料
・雇用保険料(従業員を雇い入れ一定の要件を満たした場合)
・労災保険料(従業員を雇い入れ一定の要件を満たした場合)
個人事業主
・国民年金保険料
・国民健康保険
・雇用保険料(従業員を雇い入れ一定の要件を満たした場合)
・労災保険料(従業員を雇い入れ一定の要件を満たした場合)

保有資産等にかかる税金

固定資産税・都市計画税(土地)(1月1日時点所有者)
固定資産税・都市計画税(家屋)(1月1日時点所有者)
固定資産税(償却資産)
自動車税(4月1日時点所有者)
軽自動車税(4月1日時点所有者)
事業所税

移転資産等にかかる税金

相続税(相続したとき)
贈与税(無償で資産を譲渡したとき)
登録免許税(不動産登記)
不動産取得税(無償・有償・登記かかわらず土地・建物を取得したとき)
譲渡所得税(土地・建物を取得したとき)

経済取引にかかる税金

印紙税
関税
酒税
たばこ税・たばこ特別税・地方たばこ税
揮発油税
軽油取引税
入湯税
狩猟税
ゴルフ利用税
etc

カテゴリー
IT・Google

法定実効税率 計算シート

法定実効税率の計算(準備中)

概算の所得ベースの税額の算出や税効果会計という会計基準の適用においてよく使用する、法定実効税率について、見ていきたいと思います。

コンテンツ

法定実効税率の計算式

法人税率×(1+地方法人税率+住民税率)+事業税率+地方法人特別税率


 

実効税率の計算

カテゴリー
IT・Google

会計ツール集

会計ツール集

こちらでは、会計や税金計算に役立つ、作成したツールについて公開していきたいと思います。

コンテンツ

会計編

資金繰り計画(準備中)

経営改善計画(準備中)

キャッシュフロー計算書(準備中)

連結財務諸表(準備中)

連結キャッシュフロー計算書(準備中)

減損判定シート(準備中)

税金編

法定実効税率

税金概算額計算(準備中)

法人成りシミュレーション(準備中)

簡易課税判定(準備中)

決算対策判定(準備中)

固定資産税判定(準備中)

カテゴリー
IT・Google

創業融資のポイント (準備中)

創業融資を受けるにはどのような準備が必要か? (準備中)
コンテンツ

返済がきちんとできるか

創業動機を明確にする

創業する事業についての経験やそれを補うものがるか

家族や周りの理解はあるか

運営するにあたって必要な準備はできるか

強みや弱みについて分析したか

資金計画(数値計画)は立てたか

創業計画書作成のポイント

創業融資申請のための書類

カテゴリー
IT・Google 起業・新規ビジネス

正攻法!税金対策一覧

正攻法!税金対策一覧(準備中)

節税の方法には、大きく2つがあります。
①税金そのものを減額する効果があるものと
②税金の支払時期を遅らせる
ものがあります。
各項目の詳細は順次更新していきたいと思います。税金を減額する効果があるものを「減税編」、税金の支払う時期を遅らせるものを「繰延編」、その他税金において注意すべきものを「注意編」としました。

コンテンツ

税金対策を行う上での考え方

経費にできるかできないか、グレーゾーンとなる取引があると思いますが、その取引を経費にできるかできないか考えるよりも、基本的な税金対策を行えばもしかしたら、節税になることがあるかもしれません。それでは見ていきましょう。

法人編

減税編

青色申告の承認申請を行う

小規模企業共済に入る

旅費交通費規程を作成する

消費税の税抜き処理を行う

退職金規程を作成する

領収書などを紛失したときには、会計伝票を作成する

社宅規程(役員、従業員)を作成する

赤字から黒字になる場合には、繰越欠損金制度を利用する

繰戻還付金制度を利用する

共済制度への加入

少額減価償却資産の取得価額の損金算入(10万円未満または1年以内、固定資産税)

一括償却資産の損金算入(10万円以上または20万円以内、3年一括償却、固定資産税)

法人加入、生命保険に入る

資本金を1,000万円以下にする

会社設立前の領収書を集めておく

特別控除を受ける

役員報酬を見直して、法人税と所得税の税額とバランスを検討

グループ会社で黒字と赤字がある場合には、グループ通算制度を検討する

所得拡大促進税制の適用を受ける

福利厚生費(規程)の検討

契約書を電子化、または、写しを作成し、印紙税を節税

消費税の簡易課税制度を検討する

寄付金の損金不算入制度を利用する

資本金を1億円以下にする

法人加入所得税額控除を利用する

新設会社、分社化を検討する

社用車の検討

外注による消費税の検討

リース資産の検討

繰延編

減価償却の特別償却を行う

少額減価償却資産の取得価額の損金算入(10万円未満または1年以内、法人税)

一括償却資産の損金算入(10万円以上または20万円以内、3年一括償却、法人税)

少額減価償却資産の取得価額の損金算入(20万円以上30万円未満、法人税)

減価償却の任意償却を行う

未払費用、未払金を計上する

貸倒引当金を計上する

決算賞与を支給する

貸倒損失を計上する

棚卸資産評価損を計上する

経営セーフティ共済に加入する

有価証券評価損を計上する

売上、仕入計上基準(経理規程)を見直す

消耗品など購入タイミングを見直す(貯蔵品、役務提供を受けない、棚卸資産になるものは除く)

保険の短期前払費用の費用化

注意編

遊休資産を除却する

償却資産税の免税点150万円以上に注意

役員賞与を支給する場合には事前確定届出給与の届出を行う

法人税、住民税、事業税を支払わないと、税金が追加でかかる

売上高が1,000万円を超えると2年後課税事業者になる

会社設立時に、資本金1,000万円未満にする

会社設立6か月以内に、売上1,000万円を超えると課税事業者になる

会社設立6か月以内に、給与1,000万円を超えると課税事業者になる

棚卸資産に注意、売上-仕入=利益ではない

中古資産を購入し、減価償却費を計上する

交際費を800万円に抑える

個人事業主編

減税編

青色申告の承認申請を行う

青色申告の専従者給与の適用を行う

白色申告の専従者控除の適用を行う

国民年金基金(年金)に入る

共済制度への加入

小規模企業共済に入る

消費税の税抜き処理を行う

所得が増大し法人化を検討する

少額減価償却資産の取得価額の損金算入(10万円未満または1年以内、固定資産税)

一括償却資産の損金算入(10万円以上または20万円以内、3年一括償却、固定資産税)

売上が1,000万円を超えて、伸びていくと想定する場合、法人化を検討する

開業前の領収書を集めておく

特別控除を受ける

福利厚生費(規程)の検討

契約書を電子化、または、写しを作成し、印紙税を節税

家事按分を適切に行う

消費税の簡易課税制度を検討する

リース資産の検討

外注による消費税の検討

繰延編

減価償却の特別償却を行う

少額減価償却資産の取得価額の損金算入(10万円未満または1年以内、所得税)

一括償却資産の損金算入(10万円以上または20万円以内、3年一括償却、所得税)

少額減価償却資産の取得価額の損金算入(20万円以上30万円未満、所得税)

遊休資産を除却する

未払費用、未払金を計上する

貸倒引当金を計上する

貸倒損失を計上する

棚卸資産評価損を計上する

経営セーフティ共済に加入する

中古資産を購入し、減価償却費を計上する

消耗品など購入タイミングを見直す(貯蔵品、役務提供を受けない、棚卸資産になるものは除く)

保険の短期前払費用の費用化

注意編

1年間の売上高が1,000万円を超えると2年後課税事業者になる

償却資産税の免税点150万円以上に注意

所得税、住民税、事業税を支払わないと、税金が追加でかかる

開業して、1月1日~6月30日の6か月の間に、売上1,000万円を超えると課税事業者になる

開業して、1月1日~6月30日の6か月の間に、給与1,000万円を超えると課税事業者になる

棚卸資産に注意、売上-仕入=利益ではない

個人編

減税編

国民年金付加年金(年金)に入る

ふるさと納税を行う

配偶者特別控除を適用する

生命保険に入る

配偶者の所得を抑え、所得税・住民税、社会保険料の負担を抑える

個人年金に入る

住宅ローン控除を受ける

介護保険に入る

医療費控除を受ける

セルフメディケーション税制の適用を受ける

災害損失控除を受ける

雑損控除を受ける

損益通算制度を利用する

注意編

所得税、住民税を支払わないと、税金が追加でかかる

国民年金(年金)を払わないと社会保険料控除が受けられない

カテゴリー
IT・Google 起業・新規ビジネス

Googleマイビジネスを活用してみよう!

Google マイビジネスとは?

Googleで会社や屋号を検索すると、パソコンでは右に、スマートフォンでは下に、会社案内や地図が表示されます。会社案内を表示するためには、Googleマイビジネスに登録が必要です!

コンテンツ

Googleマイビジネスの活用

Googleマイビジネスを活用すると

① お客様に、事業の内容や場所を知ってもらえる。
② 実店舗で営業している場合には、定期的に更新することで、新しい商品やサービスを知ってもらうことができ、集客につながる。
③ 無料で利用できる。

というメリットがあります。ただし、自由に口コミ投稿ができるため注意が必要です。
それでは、大まかな登録の流れを見ていきましょう!

Googleマイビジネスへの登録

① 事前にGoogleへの登録が必要です。
② 「Googleマイビジネス」を検索して上記の画面に入ります。
③ ビジネス情報を登録していきます。

Googleよりオーナー確認

① オーナー確認のため、Googleより確認コードが記載された封書が送られてきます。
② 確認コードを管理画面で登録しオーナー確認が完了し、登録完了です!
③ さらに、詳細な登録情報を入力してビジネスに活用していきましょう。

以上、Googleマイビジネスの簡単な登録までの流れでした。

Googleマイビジネスに登録して、お客様に会社や事業の内容を知ってもらい、事業に役立てましょう。

カテゴリー
IT・Google

簡単!HP作成 4STEP

簡単!ホームページ開設 4STEP

起業や自社での運営にあたって、ホームページ作成までの大まかな流れを見ていきたいと思います。

コンテンツ

ホームページを自前で作成するメリット・デメリット

メリット
① 編集やデザインを「いつでも」変更できる
② お金が「少額」で済む→サーバーレンタル料 1万円~

デメリット
① 編集やデザインに「時間」がかかる→wordpressでテーマというものを利用すると数時間
②「セキュリティ」が脆弱→2段階認証や機能の追加により解消できます。

それでは、ホームページの大まかな開設の流れを見ていきましょう。

STEP 1 ドメインの取得

① ホームページの住所である「ドメイン」の取得とデータを保管するため「サーバー」をレンタルします。
CnoHa、エックスサーバーなど

② 「ドメイン」を設定・取得します
….com、….co.jpなどがありますが最近は多種類に及びます。
法人は、co.jpが信用力があるようです。co.jpの場合には別途登録に手続きが必要です。

STEP 2 ホームページ作成サイト設定

① wordpress、wix、jimdoなどの「ホームページ作成サイト」に登録
jimdoがとっつきやすと思います。wordpressは応用が幅広くできます。wixは自由度が高いのですが重いです。

② 今回はwordpressの場合で、サーバーにwordpressをダウンロードします。

STEP 3 ホームページ作成

ホームページには、固定ページとブログ形式の大きく分けて二つがありますが、固定ページの場合には、テーマを取得して、ホームページを作成していきます。

STEP 4 ホームページ公開

ホームページを公開!
wordpressの場合には、さまざまな追加機能(プラグイン)があるので応用が利きます、

以上、ホームページ開設までの大まかな流れでした。

ドメインの取得→作成サイト登録→ホームページ作成→ホームページ公開

開業まで時間がある人は、最初は自作でもよいかもしれません。