税金の有利・不利判定について解説!

税金の計算には、制度をうまく利活用することにより、納税が有利になったり、不利になったりすることがあります。

 

コンテンツ

納税の有利・不利判定とは

税制にも、税務処理や申告にあたって、複数の選択肢があります。

複数の選択肢の中で、最善の選択をすることになり、適切な税金対策を行うことができます。

事前に届け出を行うものが多いため、顧問税理士とコミュニケーションを行い、事前に準備を行う必要があります。

有利・不利判定一覧

消費税編

本則課税と簡易課税の選択

個別対応方式と一括比例配分方式

会社設立時の資本金の設定

会社設立時の給与額の設定

多額の固定資産取得や課税仕入による課税事業者の届出

法人税編

グループ通算制度の適用・非適用

100%子会社化

役員報酬の決定と法人税の納税の検討

決算賞与の支給

資本金の増資・減資など資本金額の設定

所得額の事前確認による納税シミュレーション

固定資産や消耗備品購入のタイミングの選択