札幌の税理士・公認会計士
J.START
会計事務所
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

Playlist

3 Videos

MASTER CLEANSE BESPOKE

IPhone tilde pour-over, sustainable cred roof party occupy master cleanse. Godard vegan heirloom sartorial flannel raw denim +1. Sriracha umami meditation, listicle chambray fanny pack blog organic Blue Bottle.

ORGANIC BLUE BOTTLE

Godard vegan heirloom sartorial flannel raw denim +1 umami gluten-free hella vinyl. Viral seitan chillwave, before they sold out wayfarers selvage skateboard Pinterest messenger bag.

TWEE DIY KALE

Twee DIY kale chips, dreamcatcher scenester mustache leggings trust fund Pinterest pickled. Williamsburg street art Odd Future jean shorts cold-pressed banh mi DIY distillery Williamsburg.

BEFORE
AFTER
  • Our Plan
  • Our Plan
Our PlanOur Plan
$3999
/year
$3999
/year
Bandwidth25GB25GB
Space5GB5GB
Domain11
Buy NowBuy Now

Text Title

Add some nice text here.

Text Title

Add some nice text here.

Plan 1

Plan 1

$100 per month
  • List Item #1
  • List Item #2
  • List Item #3
  • 不動産賃貸業における事業的規模とは?65万円の控除【税金】

    札幌の税理士・公認会計士 J.START 会計事務所 不動産賃貸業における事業的規模とは? 不動産賃貸業において、事業的規模になると65万円の控除が受けられます。必要な要件や手続きを見ていきましょう。 事業的規模かどうかの判定 原則としては、事業として営まれているかどうか実質的に判断しますが、以下の基準も適用できます。アパート 10室以上家屋 5棟以上駐車場 5台で1室換算組合せでも事業的規模として認められます。空室だとしても、継続的に募集していれば、事業的規模として認められる可能性があります。例 アパート 4室、家屋 1棟、駐車場 10台 事業的規模であることのメリット 建物を取壊した場合に損失がある場合には、全額を必要経費に算入することができる賃貸料等の回収不能による貸倒損失を必要経費に算入することができる青色申告の事業専従者給与又は白色申告の事業専従者控除について認められる青色申告の場合には青色申告特別控除により、65万円(複式簿記+電子申告)の控除が受けられる 事業的規模であることのデメリット 事業税がかかる青色申告専従者がいる場合、金額により配偶者控除、配偶者特別控除が受けられなくなることがあり、税務上の手続きが増える 必要な手続 個人事業主でしたら、国、都道府県(必要に応じて市町村)に開業届(事業開始届)を提出します。 不動産賃貸業の税金について、ご相談したいかたは当事務所へお気軽にご相談ください。 お問い合わせ
  • 遺留分とは?すべて相続できない(準備中)【相続・事業承継】

    札幌の税理士・公認会計士 J.START 会計事務所 遺留分とは?金額は? 相続や事業承継で問題となる遺留分について、見ていきましょう。 コンテンツ 遺留分とは? 遺留分の範囲 遺留分の範囲(民法 第千四十四条) 1 相続開始前の一年間にしたもの 2 当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与 3 相続人に対する贈与について十年(価額(婚姻若しくは養子縁組のため又は生計の資本として受けた贈与の価額に限る。) 4 不相当な対価をもってした有償行為(当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知ってしたものに限り、当該対価を負担の価額とする負担付贈与とみなす) 相続人に適用 2 当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与 3 相続人に対する贈与について十年(価額(婚姻若しくは養子縁組のため又は生計の資本として受けた贈与の価額に限る。) 4 不相当な対価をもってした有償行為(当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知ってしたものに限り、当該対価を負担の価額とする負担付贈与とみなす) 第三者に適用 1 相続開始前の一年間にしたものに限り 2...
  • 資金繰り対策(財産編)【資金繰り】

    札幌の税理士・公認会計士 J.START 会計事務所 決算書で見る資金繰り対策(貸借対照表) 決算書を見ながら、資金繰り改善策について、考えたいと思います。 決算書の種類は? 会社の売上や費用の営業成績を示す損益計算書、会社の保有する資産や負債の財政状態を見る貸借対照表、会社の出資や利益の動きや累積額を示す株主資本等変動計算書があります。今回は、貸借対照表についてみていきます。 貸借対照表の見方 会社の保有する資産、負債、純資産などの財政状態を見る貸借対照表について、項目を見ていきましょう。右と左の合計が均衡しているためバランスシートと呼ばれます。 借方 金額 貸方 金額 資産 100,000 負債 80,000 ...
  • 自社にも株式の評価があるの?【財産評価】

    札幌の税理士・公認会計士 J.START 会計事務所 自社にも株式の評価があるの? 株式会社なら株式の評価があります。証券取引所においては、上場会社には、株価がついていますが、証券取引所に上場していない株式会社については、市場による株価がないため取引相場のない株式として評価されます。会社の売買、株式の売買、相続や贈与などで参照、または使用される税務上の株式の評価方法についてみていきます。 コンテンツ 大きく「原則的評価方式」と「配当還元方式」に分かれる 上場会社以外の株式会社は、取引相場のない株式として、大きく「原則的評価方式」と「配当還元方式」に分けて評価を行います。原則的評価方式は、会社の総資産価額、従業員数及び取引金額により、大会社、中会社、小会社に分けて評価を行います。大会社 類似業種比準方式により評価類似業種比準方式は、類似業種の株価をもとに、評価する会社の一株当たりの「配当金額」、「利益金額」及び「純資産価額」の三つで比準して評価小会社 純資産価額方式によって評価純資産価額方式は、会社の総資産や負債を相続税の評価に洗い替えて、その評価した総資産の価額から負債や評価差額に対する法人税額等相当額を差し引いた残りの金額により評価中会社 大会社と小会社の評価方法を併用して評価同族株主以外の株主 配当還元方式で評価配当還元方式は、配当金額を、一定の利率(10%)で還元して株式の価額を評価  まとめ 会社区分 評価方式 評価要素 大会社 類似業種比準方式 ...
  • 資金繰り対策(損益編)【資金繰り】

    札幌の税理士・公認会計士 J.START 会計事務所 決算書で見る資金繰り対策(損益計算書) 決算書を見ながら、資金繰り改善策について、考えたいと思います。 決算書の種類は? 会社の売上や費用の営業成績を示す損益計算書、会社の保有する資産や負債の財政状態を見る貸借対照表、会社の出資や利益の動きや累積額を示す株主資本等変動計算書があります。今回は、損益計算書についてみていきます。 損益計算書の見方 会社の売上や費用の営業成績を示す損益計算書について、項目を見ていきましょう。 勘定科目 金額 内容 売上高 100,000 本業の売上 売上原価 ...

This page is Amazing

Nam sit amet magna a ex tincidunt faucibus nec nec velit. Pellentesque posuere ac metus vitae luctus. Vivamus congue leo ut posuere consectetur. Proin mattis turpis non dignissim faucibus. Aenean iaculis urna non purus consectetur, auctor suscipit elit cursus. Ut quis vehicula ex. Ut pulvinar velit sed nulla gravida, id euismod ipsum finibus
Nam sit amet magna a ex tincidunt faucibus nec nec velit. Pellentesque posuere ac metus vitae luctus. Vivamus congue leo ut posuere consectetur. Proin mattis turpis non dignissim faucibus. Aenean iaculis urna non purus consectetur, auctor suscipit elit cursus. Ut quis vehicula ex. Ut pulvinar velit sed nulla gravida, id euismod ipsum finibus